[Hytale]価格はいくら?ビジネスモデルを予想してみた

ビジネスモデルと価格の予想

ゲームをヒットさせ、多くのユーザーに購入してもらうには、上手なビジネスモデル戦略が重要です。今回は私独自によるHytaleの価格とビジネスモデルを予想したいと思います。

Hytaleの価格予想

私はおよそ3,000円台後半だと予測します。まず類似しているゲームの筆頭となるマインクラフトはJAVA版が3,000円の価格設定になっていますので、それにアドベンチャーとツール要素をプラスしたHytaleは少々価格をマインクラフトよりも上げてくると思うからです。

5,000円以上だと現時点で判明している内容の割に高すぎますし、逆に2,000円以下では安すぎます。ゲーム内容との価格バランス、ユーザーの購入のしやすさを両立した価格である「3,000~3,800円」くらいでないでしょうか。

Hytaleのビジネスモデル予想

購入型と課金型

先程の価格予想はHytaleを購入した場合の話です。ユーザーにゲームを提供する代わりに対価を支払ってもらうには、大きく分けて「購入型」と「課金型」があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

購入型

ゲームソフトを1度購入してしまえば、無制限で遊べるビジネスモデルです。マインクラフトがこれに当てはまります。ユーザーにとっても満足する場合が多く、ほとんどのゲームがこちらに当てはまります。

あくまで予想ですが、Hytaleもこちらに該当すると思います。

課金型

フォートナイトのように、誰でも無料でプレイすることが可能で、機能などをグレードアップする場合にお金を支払うパターンです。「ちょっとお試しで遊びたい」というユーザーも気兼ねなく遊べるパターンでもあります。

Hytaleとはゲームの内容、ビジネスモデルの方向性が多分異なると思いますので、こちらには当てはまらないと考えられます。

独自での販売か、間に仲介業者を挟むのか

マインクラフトは公式サイトで独自に販売していますが、Steamなどのように制作会社とユーザーを結ぶ仲介業者(表現が悪いですが…。)がゲームソフトを間接的に発売することも多いです。

これは正直分かりません。Hytaleはどっちに当てはまるのか予想ですが、直感的にはマインクラフトと同じく独自で販売ですかね。

まとめ

  • 発売価格は3,000円台後半と予想
  • Hytaleは「購入型」に当てはまるかも
  • 独自での販売をすると予想

価格とビジネスモデルの予想でした。Hytaleの発売日は下の記事で予想しています。