[Hytale]3Dモデルの組み込みも。ブロックの描画方法は3種類ある

どのようなゲームでもテクスチャを用いて壁や地面を構成するものですが、Hytaleでは描画方法が3種類あると公式サイトで公開されました。

3種類の方法をマスターすれば、効率的にブロックのテクスチャを変更することが可能になります。まずは基本的な仕組みを理解しましょう。

ブロックの描画方法

Hytaleではブロックのテクスチャの描画方法が3種類あります。

  • テクスチャを立方体ブロックに貼り付ける
  • 3Dモデルにテクスチャを貼り付ける
  • 立方体ブロックに3Dモデルを貼り付ける

それぞれ解説していきます。

テクスチャを立方体に貼る

テクスチャを立方体に貼り付ける方法は、マインクラフトや他のサンドボックスゲームと同じで、立方体の6面にそれぞれ対応するテクスチャを貼り付けます。作成するのが初心者の方でも、簡単に扱えると思います。

3Dモデルにテクスチャを貼る

こちらは一歩進んで、3Dモデルにテクスチャを貼り付けます。3Dモデルとは、立方体ではないブロック(花や草、鉱石など)のことです。

3Dモデルにテクスチャを貼り付けるのは、難易度が比較的高めです。形が簡単な3Dモデルであれば貼り付け作業はそこまで難しくありませんが、自分で作成した複雑な形だと、それに対応するテクスチャを用意するのが大変です。まずは立方体で慣れていき、操作方法を覚えたらぜひ3Dモデルにも挑戦してみましょう。

立方体に3Dモデルを貼る

立方体ブロックにHytaleモデルメーカーなどで作成した花や草、鉱石などデコボコした形を貼り付ける方法です。

上の動画の例では、石ブロックと鉱石が合わさった形になっています。通常ならば、ブロックのテクスチャを作成した後、鉱石もモデルメーカーで作成する必要があるのですが、2つ分も作るのは手間が掛かります。そこで、この機能は役立ちます。

まず元となるブロックを既存のものから選択するか、自分で作成するかし、その次に3Dモデルを立方体の6面あるうちの任意の面に取り付けます。こうすることでブロックと3Dモデルの作成が効率よく行えます。始めるにあたって少々難易度は高いですが、この方法をマスターすれば、オリジナルブロックが作成できちゃうんです。

ちなみに、取り付ける3Dモデルにはアニメーションを適用することができます。上の例では鉱石を輝かせたり、草を揺らしたりしていることが分かりますね。

まとめ

  • ブロックの描画方法は次の3種類
  • 1.  立方体に貼る方法
  • 2.  3Dモデルに貼る方法
  • 3.  立方体+3Dモデルに貼る方法
  • ブロックにアニメーションを適用できる

ブロックの描画方法3種類を解説しました。ワールドを非常に細かくレイアウトできる反面、凝りすぎると収集がつかなくなってしまいますね。やり応えのあるゲームになりそうです。