[Hytale]木の「葉っぱ」がよりリアルに。ブロック感を無くすための工夫とは

葉っぱをリアルにするための工夫

度々登場しているHytale公式サイトのスクリーンショットに、サンドボックスゲームらしからぬ“ブロック”が実は存在していました。木の枝に付いている木の葉、つまり「葉っぱ」です。

葉をよりリアルに見せるために考えられた制作チームの工夫と、葉の描画方法について簡単に解説します。画像の公式サイトはこちら。

葉はブロックの形をしていない

まずは葉がどのような形をしているのか、下の画像をご覧ください。

リアルな葉のテクスチャ

木の葉っぱがリアルに見えますね。開発チームは「木の質感をなるべく本物に近づけたい」と考えたとのことです。

葉は他のブロックのような立方体ではなく、3種類の葉を重ねて表現しています。テクスチャの向きにもこだわっているようで、ランダムに変えることで、リアリティー溢れる木に仕上がってりるようです。

この画像からは葉っぱの形だけではなく、木の紅葉化も見受けられます。各バイオームにより木の色が異なるのでしょうか。

テクスチャでどのように再現しているのか

葉の平面図

葉っぱのテクスチャは上の図のようになっています。平面図を見ただけでは、まだ葉の形が想像できませんね。

葉の平面図3枚を組み合わせた後

平面図の葉を3枚立体的に組み合わせたものがこちらになります。それぞれ向きをランダムにすることで、計64通りもの葉が出来上がります。

まとめ

  • 葉は立方体のブロックではない
  • テクスチャを3枚重ねることでリアルに再現

葉をリアルにするための工夫が施されていることが分かりました。通常のゲームは草木をテクスチャで組み合わせ、見た目を簡素なものにしてゲームの軽量化を図るのですが、Hytaleでは逆にリアルに再現するためにこの手法を使用しているのです。マインクラフトでは表現できなかった点もHytaleではうまく修正し、こだわって制作されていることが分かりますね。